クレジットカードのポイントについての徹底解説

クレジットカードのポイント率と加盟店手数料率

クレジットカードのポイントは加盟店手数料の一部をクレジットカードホルダーに還元し、カードホルダーがもっとクレジットカードを利用してもらえるよう、つけているのです。

つまり、ポイント率が加盟店手数料率よりも高くなることは絶対にないということがいえます。当然ですが、ポイント率の方が高くなってしまうと、クレジットカード会社が儲からないからです。

もちろん、クレジットカード会社はポイントだけではなく、人件費や様々なシステムの維持管理費、カード発行のための経費など、様々な経費がかかります。

それらの経費をまかなっているのも、加盟店手数料なので、どうしてもポイント率は加盟店手数料率と比べると低くなります。それは当然ですね。

つまりはクレジットカードポイントは、クレジットカード会社が収入として得ている加盟店手数料の料率(パーセンテージ)から経費を差し引いた金額よりも高くなることがないと言うことが出来ます。加盟店手数料はお店の種類や規模によって異なりますが、平均で3〜5%程度。そこからクレジットカード会社の経費を差し引き利益を勘案した分が『クレジットカードポイントの上限値』となります。

ポイントと加盟店手数料の関係

クレジットカードのポイントは、加盟店手数料と密接な関係にあります。

加盟店手数料というのは、カードの加盟店(クレジットカードが利用できるお店)がクレジットカード会社に対して支払う手数料のことを言います。

あるスーパーで1,000円の買い物をした場合、現金ではらえば、その1,000円は当然全てスーパーのものになります。

しかし、その1,000円をクレジットカードで支払った場合、スーパーはそのうちの数%を、加盟店手数料としてクレジットカード会社に支払わないといけません。スーパーからしてみたら、できる限り現金で支払って欲しいものなんですね。

スーパーだけでなく、レストランでもホテルでも、書店でもコンビニでも、クレジットカードを利用できるお店ならどこでも、クレジットカード会社に手数料を支払っています。

加盟店手数料は約5%ほど

クレジットカードの加盟店手数料は、金額に応じた%になっています。

加盟店手数料というのは、契約次第で一定ではありませんが、多くのお店では5%ほどです。つまり、お店でクレジットカードを使って1,000円の買い物をした場合、そのお店はその5%の50円をクレジットカード会社に手数料として支払うわけです。

つまり、クレジットカード会社としてみれば、クレジットカードをどんどん使ってくれれば、それに応じて加盟店手数料を得ることができるわけです。

ポイントによってカードを利用してもらう

つまり、クレジットカード会社は、できる限り多くの人に、多くの金額を利用して欲しいわけです。利用する金額が大きくなればなるほど、手数料が入って来て潤うわけです。

そのために考え出されたのが「ポイント」です。つまり、現金払いよりもクレジットカード払いのほうが「お得」というシステムをつくり、それによって多くの人にクレジットカードを利用してもらおうと考えたわけです。

加盟店手数料の一部をカードホルダーに還元することによって、ポイントというシステムは成り立っているのです。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2010.9.13. Copyright(C)2011クレジットカードのポイント  - All rights reserved